社労士 渡邊のコラム

介護の人材確保等支援助成金②/東京 横浜 川崎の申請サポート

東京・横浜・川崎エリアの助成金申請サポート 専門社会保険労務士 人事労務相談

◆人材確保等支援助成金とは

人材確保等支援助成金とは、事業主が雇用管理制度(評価・待遇制度、研修制度、健康づくり制度、メンター制度、短時間正社員制度)の導入等による雇用管理改善を行い、離職率の低下に取り組んだ場合に国が助成する制度です。

◇介護・保育労働者雇用管理制度助成コース(助成内容)

介護・保育事業主が、労働協約または就業規則を変更することにより、介護・保育労働者の職場への定着の促進に資する賃金制度の整備(職務、職責、職能、資格、勤続年数等に応じて階層的に定めるものの整備)などを通じて、労働者の離職率の低下に取り組んだ場合に助成する。

◇助成額   <>は生産性の向上が認められる場合の額

介護・保育賃金制度整備計画の認定申請

制度整備助成

◯認定された計画に基づき介護・保育労働者に対する賃金制度の整備 →

整備した賃金制度の実施 → 50万円

→目標達成助成①

◯賃金制度の適切な運用 + 離職率低下:計画期間終了後から1年経過後の離職率の低下に係る目標達成 → 57万円 <72万円>

→目標達成助成②

◯賃金制度の適切な運用 + 離職率低下:計画期間終了後から3年経過後の離職率の低下に係る目標達成 → 85.5万円 <108万円>