障害年金申請サポート

【全国対応】東京横浜 障害年金申請WEB相談室(お問合せ無料)

東京・横浜・川崎 他、全国対応の障害年金申請代行 障害年金専門社労士 相談

疾患・難病・障害をお持ちで日常生活・労働に支障がある場合、国の要件に該当した20歳以上の方は、公的年金制度の「障害年金」を受け取ることができます。障害年金を受給して、毎日の精神的・経済的負担を軽減。弊所では障害年金専門社会保険労務士がお客様一人ひとりの気持ちに寄り添い、障害年金申請コンサルティングと国への障害年金手続きを行います。

国から障害認定を受ける内容の障害年金申請書類を作成するには、複雑難解な障害年金制度の理解が必須です。疾患・難病・障害をお持ちの方が、自身で国の制度を調べて障害年金申請をすることは、大変な時間と労力を必要とします。最寄りの年金事務所に毎月通い障害年金申請の相談を行い、手続きを理解できるまで翌月の年金事務所予約を繰り返す。そのご負担軽減のため、国の制度を理解した障害年金専門社会保険労務士が、お客様の障害年金申請を代行いたします。

代表メッセージ・プロフィール

社会保険労務士Office渡邊  代表 渡邊 啓介

(社会保険労務士・産業カウンセラー)

◆社会保険労務士に障害年金申請代行を依頼する3つのメリット

1.制度を理解した専門家の代行で、障害年金受給の可能性が高くなる

2.一人ひとりの症状・状況に合った、適正な障害年金診断書を医師に依頼できる

3.複雑難解な障害年金申請への、精神的・身体的負担が軽減される

下記内容でお困りの場合、弊所までお気軽にご相談ください。弊所は全国のお客様から障害年金相談を受け、全国対応で障害年金申請を代行しております。

【障害年金該当(例)】

  • (1)疲労感・倦怠感・灼熱痛などを伴う疾患症状により、日常生活が困難になった。
  • (2)うつ病・統合失調症などの精神障害により、就労ができなくなった。
  • (3)ADHD・アスペルガー症候群などの発達障害により、自宅に引きこもっている。
  • (4)大学病院等で診断を受けた難病により、日常生活が困難になった。
  • (5)交通事故などの後遺症により、日常生活と就労が困難になった。
  • (6)脳卒中・脳梗塞などの後遺症により、肢体に障害が残った。
  • (7)人工関節、人工透析療法、心臓ペースメーカー装着、などの医療行為を受けた。
  • (8)知的障害の症状が悪化して、就労ができなくなった。
  • (9)その他の疾患・難病・障害により、日常生活と就労が困難になった。
 
障害年金申請代行依頼

弊所への初回連絡事項

(③〜⑤は分かる場合)

※初回問合せ

WEB相談無料

①お名前

②生年月日

③障害のため医療機関に初めて受診した日

④障害の傷病名

⑤加入年金制度(国民年金・厚生年金)と ご自身の加入状況

障害年金申請代行のご依頼初回問合せとなる、お問合せフォームからのWEB相談(全国対応)は無料です。障害年金のお悩みは社会保険労務士Office渡邊の「東京横浜 障害年金申請WEB相談室」まで お気軽にご相談・お問合せください。

弊所は、医療職(医師など)・福祉職(社会福祉士・精神保健福祉士など)・福祉系法人(障害福祉・就労支援・障害者雇用など)・士業(弁護士・司法書士・行政書士・社労士など)・その他専門職の、皆様からのお問い合わせも対応しております。

障害年金とは

障害年金の額

障害年金の対象となる主な傷病例一覧

障害基礎年金申請のポイントQ&A

障害厚生年金申請のポイントQ&A

障害年金ガイド(日本年金機構)

障害年金の障害認定基準(日本年金機構)

障害年金申請代行(全国対応)

弊所の特徴は、疾患・難病・障害を持つ一人ひとりの日常生活と病状を、親身にコンサルティングができることです。疾患・難病・障害の障害者福祉相談職の「社会福祉主事」、精神・発達・知的障害者の特性を理解した「心理士」、その専門資格を併せ持つ社会保険労務士が障害年金相談をお受けします。公的専門資格者として、お客様の立場に立った分かりやすい説明を心がけ、誠実にご対応いたします。

ご自宅・お近くのご指定場所まで足を運び、親身にご相談内容を伺います。Zoomアプリによるオンライン相談も、ご対応します。(障害年金訪問相談:東京・横浜・川崎エリア対応)

まずは、お気軽にご相談・お問合せください。

障害年金申請代行 サポート内容

1.裁定請求

・障害年金の国への請求

  • (1)障害認定日請求
  • (2)事後重症請求
  • (3)新たに別の傷病で初めて障害等級2級以上該当請求
  • (4)20歳前障害請求
  • (5)2つ以上の障害状態請求

2.審査請求

・障害年金不支給結果通知後の不服申立第1回目

3.再審査請求

・障害年金不支給結果通知後の不服申立第2回目

4.額改定請求

・障害年金受給中に障害の状態が変わったとき

5.更新

・障害年金受給中に障害状態確認届(診断書)が届いたとき

障害年金の対象となる 病気・けが の例
1.外部障害
  眼・聴覚・肢体(手足など) の障害 など
2.精神障害
       統合失調症・うつ病・認知障害・てんかん・知的障害・発達障害 など
3.内部障害
       呼吸器疾患・心疾患・腎疾患・肝疾患・血液 造血器疾患・糖尿病・がん など

[対応エリア]

[全国対応] 北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県、札幌市・仙台市・さいたま市・千葉市・東京23区・横浜市・川崎市・相模原市・新潟市・静岡市・浜松市・名古屋市・京都市・大阪市・堺市・神戸市・岡山市・広島市・北九州市・福岡市・熊本市・函館市・旭川市・青森市・八戸市・盛岡市・秋田市・山形市・福島市・郡山市・いわき市・水戸市・つくば市・宇都宮市・前橋市・高崎市・伊勢崎市・太田市・川越市・川口市・越谷市・熊谷市・所沢市・草加市・春日部市・上尾市・船橋市・柏市・松戸市・市川市・市原市・八王子市・西東京市・平塚市・小田原市・茅ヶ崎市・厚木市・長岡市・上越市・富山市・金沢市・福井市・甲府市・長野市・松本市・岐阜市・沼津市・富士市・豊橋市・豊田市・岡崎市・一宮市・春日井市・四日市市・津市・大津市・豊中市・吹田市・高槻市・枚方市・八尾市・寝屋川市・東大阪市・岸和田市・茨木市・姫路市・尼崎市・明石市・西宮市・加古川市・宝塚市・奈良市・和歌山市・鳥取市・松江市・倉敷市・呉市・福山市・下関市・徳島市・高松市・松山市・高知市・久留米市・佐賀市・長崎市・佐世保市・大分市・宮崎市・鹿児島市・那覇市 他全国市町村

①障害年金申請代行 対応サポート

1.障害年金申請のご相談

ご相談・お問合せ(お問合せフォーム) からお問合せをお願いいたします。

・年金保険料納付状況や障害の状態などの概要をお伺いします。

・ご本人様が今後、年金事務所等の窓口に行く負担はございません。

・障害年金申請の各種必要書類は、弊所で用意いたします。

2.ご本人様と、WEB相談、訪問相談・オンライン相談

・ご本人様と、親身にお話を伺います。(訪問相談は東京・横浜・川崎エリア対応、Zoomアプリによるオンライン相談もご対応)

・弊所への障害年金請求代行をご依頼いただけましたら、業務委託契約書を締結いたします。

・弊所が行う、年金事務所での年金記録確認、医療機関での診断書等手配のために、委任状をいただきます。

・その後、弊所へ事務手数料(22,000円)の振込をお願いいたします。

3.年金記録確認・診断書等手配

・「年金請求書」記載に必要な、年金保険料納付要件・加入歴を確認いたします。

・「受診状況等証明書」「診断書」の発行依頼を代行いたします。

*別途有料で、ご本人様と医療機関へ同行し、診断書発行依頼について医師への説明も対応可能です(医療機関同行は東京・横浜・川崎エリア対応)

4.各種請求書類の作成

・ご本人様やご家族様から状況を伺い、「病歴・就労状況等申立書」を作成をします。

・伺った内容に基づき、各種請求書類記載の障害程度が的確かどうかの最終確認をします。

*障害の程度が間違っていると思われる内容は、医師へ訂正依頼

5.年金事務所に障害年金請求

・弊所で障害年金請求書類一式を全て作成し、年金事務所へ提出代行します。

・年金事務所での手続きが完了後、受領印が押された各種請求書類の写しをお渡しします。

・障害年金請求に必要な年金事務所からの照会に、弊所は責任を持ち対応いたします。

6.請求結果通知書

・請求から2〜6カ月後に国から本人宛に請求結果書類が郵送されます。年金受給が認定されると「年金証書」も届きます。結果を弊所までご連絡ください。

・年金証書が届いて40〜50日後に初回の障害年金が国からご本人様宛に入金されます。入金後は、弊所へ報酬の振込をお願いいたします。

②障害年金不支給結果への 対応サポート

1.不支給結果からの対応

・弊所で裁定請求手続きからご依頼の方を優先しております。

・「不支給通知」が国から届いた場合は、社会保険審査官に審査請求をすることができます(通知到着の翌日から3カ月以内)。その対応を検討しますので、速やかに弊所までご連絡ください。

・ご本人様のお気持ちを第一に考え、対応を検討いたします。

2.審査請求・再審査請求の対応

・障害が軽く判断されたことが不支給理由の場合は、医師から意見書等を準備していただき、審査請求を行う対応となります。

・日常生活状況を詳細に申し立て、審査請求を行うこともあります。

・社会保険審査官での審査請求の決定事項に不服があるときは、社会保険審査会に再審査請求をすることができます(決定書送付の翌日から2カ月以内)。

3.専門家への相談対応

・納得のいかない結果を国から受け取った場合は、障害年金の請求で実績のある社会保険労務士に相談することをお勧めします。弊所は社会保険労務士会のネットワークを活かし、全力でサポートいたします。

年金サービスその他

医療職・福祉職・福祉系法人・士業・その他専門職の皆さまへの障害年金セミナー等、年金サービスその他の契約も承っております。弊所との協業は、お気軽にご相談・お問合せください。

障害年金申請サポート訪問相談 対応エリア(東京・横浜・川崎など)

[東京都] 千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・武蔵野市・三鷹市・小金井市・狛江市・調布市・府中市・国立市・稲城市・多摩市・町田市など

[神奈川県] 横浜市(中区・西区・神奈川区・港北区・緑区・青葉区・都筑区・鶴見区・南区・磯子区・金沢区・港南区・保土ヶ谷区・戸塚区・旭区・瀬谷区・栄区・泉区)・川崎市(川崎区・幸区・中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区)・相模原市(中央区・南区)・座間市・大和市・綾瀬市・海老名市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・横須賀市など

障害年金の対象となる傷病例一覧

障害の種類 主な傷病例
眼の障害 白内障、緑内障、視神経萎縮、網膜剥離、網膜色素変性症、糖尿病性網膜症、先天性弱視、ブドウ膜炎、網膜中心性静脈血栓症、黄斑変性症、黄斑ジストロフィー、網脈絡膜萎縮、網脈血管硬化症、癒着性角膜白班、眼球萎縮、小眼球症、など

聴覚の障害、鼻腔機能の障害、平衡感覚の障害

伝音性難聴、感音声難聴、混合性難聴、先天性難聴、突発性難聴、内耳性難聴、耳硬化症、頭部外傷または音響外傷による内耳障害、薬物中毒による内耳障害、外傷性鼻科疾患、メニエール病、など
そしゃく・嚥下機能の障害、言語機能の障害 嚥下障害、上下顎欠損、喉頭摘出術後遺症、構音障害、失語症、脳血栓による言語障害、など
肢体の障害、神経機能の障害 上肢または下肢の離断または切断障害、外傷性運動機能障害、大腿骨頭壊死、突発性大腿骨頭壊死症、糖尿病性壊疽、人工骨頭・人工関節、変形性股関節症、変形性膝関節症、脊椎関節症、側弯症、シャルコー関節、関節リウマチ、先天性股関節脱臼、膝関節脱臼、骨腫瘍、骨肉腫、脳卒中(脳血管障害)、脳出血、くも膜化出血、もやもや病、脳梗塞(脳軟化症)、脳血栓、脳挫傷、交通事故等による外傷性脳損、頭蓋骨骨折、頭蓋内血腫、硬膜外血腫、硬膜下血腫、脳ヘルニア、脳腫瘍、脳膿瘍、脊髄損傷、脊髄炎、脊髄動静脈奇形、頸椎症、変形性脊椎症、頚髄損傷、頸部脊椎症、脊柱菅狭窄症、腰椎分離すべり症、頚椎後縦靭帯骨化症、胸椎後縦靭帯骨化症、後縦靭帯骨化症・黄色靭帯骨化症、頚椎椎間板ヘルニア、腰部椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍、抹消神経障害(ニューロパチー)、多発神経障害、シャルコー・マリー・トゥース病、ギラン・バレー症候群、ジストニア、筋ジストロフィー、脊髄性筋萎縮症、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、球脊髄性筋萎縮症、原発性側索硬化症、ミオクローヌス、重症筋無力症、線維筋痛症、多発性筋炎・皮膚筋炎、パーキンソン病、多系統萎縮症、多発性硬化症(MS)、脊髄小脳変性症、脳脊髄液減少症(脳脊髄液漏出症)、ハンチントン病、シャイ・ドレーガー症候群、オリーブ・橋・小脳萎縮症、糖尿病性神経障害、進行麻痺、脳性麻痺(小児麻痺)、低酸素脳症、脳炎、ポリオ、ポストポリオ症候群、髄膜炎、プリオン病、複合性局所疼痛症候群、神経に損傷があって生じる灼熱痛、脳神経や脊髄神経の外傷が原因の神経痛、など
精神の障害 統合失調症、うつ病、双極性障害、非定型精神病、器質性精神障害、高次脳機能障害、認知症、アルツハイマー病、クロイツフェルト・ヤコブ病、頭蓋骨感染に伴う精神病、てんかん、知的障害、発達障害、アスペルガー症候群、ADHD(注意欠陥多動性障害)、自閉症、など
呼吸器疾患の障害 肺結核、じん肺、呼吸不全、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、在宅酸素療法、慢性気管支炎、気管支拡張症、気管支喘息、間質性肺炎、サルコイドーシス、肺気腫、肺性心、肺腺維症、肺腫瘍、肺水腫、膿胸、など
循環器疾患の障害 僧帽弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全、大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全、三尖弁閉鎖不全症、肺動脈弁狭窄症、心臓弁膜症、人工心臓弁の装着、拡張型心筋症、特発性拡張型(うっ血型)心筋症、肥大型心筋症、虚血性心疾患、狭心症、心筋梗塞、陳旧制心筋梗塞、アダムス・ストークス症候群、洞不全症候群、心房細動、心室細動、房室ブロック、ペースメーカーの装着、植込み除細動器(ICD)の装着、先天性心疾患、心房中隔欠損症、WPW症候群、リウマチ性心包炎、感染性心内膜炎、心不全、慢性心不全、動脈硬化、閉塞性動脈化症、冠状動脈硬化症、糖尿病性動脈硬化症、大動脈瘤、大動脈解離、ビュールガー病(バージャー病)、ヴェーゲナー肉芽腫症、高安動脈炎(大動脈炎症候群)、チャーグ・ストラウス症候群、肺血栓塞栓症、肺塞栓症、など
高血圧症の障害 悪性高血圧、肺動脈性肺高血圧症、高血圧性心疾患、高血圧性腎症、など
腎疾患の障害 慢性腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、腎盂腎炎、慢性腎盂腎炎、糸球体腎炎、ループス腎炎、腎硬化症、嚢胞腎、多発性嚢胞腎、アテローム閉塞性腎疾患、腎不全、人工透析、など
糖尿病の障害 糖尿病、糖尿病の合併症、など
肝疾患の障害 肝硬変、腹水、肝腫瘍、肝肉芽腫、肝膿瘍、肝不全、など
悪性新生物による障害 悪性新生物(がん)、肺がん、腎がん、肝がん、胃がん、大腸がん、悪性繊維性組織球腫、悪性リンパ腫、など
血液・造血器疾患の障害、その他の障害 再生不良性貧血、溶血性貧血、小血板減少性紫斑症(ITP)、特発性血小板減少性紫斑病、凝固因子欠乏症、血友病、白血病、骨髄異形性症候群(不応性貧血)、髄膜腫、ベーチュット病、神経梅毒、ランゲルハンス、ミトコンドリア病、多発性骨髄腫、シェーグレン症候群、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症、敗血症、膠原病、全身性エリテマトーデス、化学物質過敏症、慢性疲労症候群、遷延性植物状態、強皮症、クローン病、潰瘍性大腸炎、ループス腸炎、肛門狭窄、電磁波過敏症、ダウン症候群、ライゾーム病(ファブリー病)、など
新肛門、新膀胱、臓器移植等 人工肛門の造設、人工膀胱の造設、臓器移植、など