「ひと」を大切にする企業とともに
個人の毎日の充実 企業の発展へ

プロフィール写真

東京・横浜・川崎エリアを中心に全国対応で障害年金申請代行・人事労務サポートを行う、社会保険労務士事務所です。弊所ホームページを訪問していただきありがとうございます。

障害年金申請サポート相談室(疾患・難病・障害をお持ちの方へ)

公的年金制度の「障害年金」。疾患・難病・障害をお持ちで日常生活・労働に支障がある場合、該当された20歳以上の方は、国から公的年金制度の「障害年金」を受給できる可能性があります。弊所では専門社会保険労務士がお客様一人ひとりの気持ちに寄り添い、障害年金申請コンサルティングと国への障害年金手続きを行います。国から障害年金を受給することで、日常生活を送るための経済的な負担を軽減。誰もが安心して暮らすために必要な生活保障の障害年金申請を、全国対応で代行します。

人事・労務 コンサルティング(人事労務・就業規則・顧問等のご相談

最新労働諸法令に遵守した「人事労務制度設計」と「就業規則作成・見直し」を行い、企業の未来への想いを形にします。「最新法令」の遵守、「ひと」を大切にする経営、「こころ」の諸問題解決など、社会保険労務士・産業カウンセラーの知見を活かした講演・セミナーも承ります。専門社会保険労務士の指導に基づいた労働局社保書類の作成により、人事労務部門の企業価値は向上。国から認められた人事・労務の経営コンサルタントとして、企業経営に必須の人事労務制度を設計します。

経営者様が本業に専念できるように、毎日の人事・労務をサポートします。労務問題・メンタルヘルス対策・就業規則・労働基準監督署対応・労働社会保険諸法令・法改正対応・助成金など。労働社会保険諸法令の専門国家資格者として、人事労務業務の日常を相談顧問でお応えします。

「障害年金手続代行」「人事労務サポート」の ご依頼は、専門社会保険労務士の弊所まで、お気軽にご相談・お問合せください。

社会保険労務士Office渡邊の特徴

ひと」問題のエキスパート・わかりやすい説明で誠実な対応
労働・年金・障害者・医療・介護・子育て・高齢者 等。個人の日常生活と、企業の採用から退職までの、わたしたち「ひと」に関わる不安・お困りごとの数々。厚生労働省主管で「労働社会保険諸法令」「人事労務管理」の専門国家資格者として、的確・分かりやすい説明により、誠実にお応えします。

疾患・難病・障害の 制度や特性を理解した専門社会保険労務士
弊所の特徴は、疾患・難病・障害を持つ一人ひとりの日常生活と病状を、親身にコンサルティングができることです。疾患・難病・障害の障害者福祉相談職の「社会福祉主事」、精神・発達・知的障害者の特性を理解した「心理士」、その専門資格を併せ持つ社会保険労務士が障害年金相談をお受けします。公的専門資格者として、お客様の立場に立った分かりやすい説明を心がけ、誠実にご対応いたします。

「ひと」「こころ」 から支える労働環境づくり、企業の発展へ
弊所は、公的心理専門職「産業カウンセラー」と、全国社労士会連合会認定「医療労務コンサルタント」を併せ持つ社会保険労務士事務所。従業員へのキャリアコンサルティングやメンタルヘルス対策など、「ひと」「こころ」に関わる専門性の高さが特徴です。さらに、変形労働時間制が多い医療介護・福祉の業界での、国家資格者従業員がいきいきと働く職場環境づくり、その専門分野の認定も受けています。経営者様の事業に対する気持ちを大切にして、労働者・使用者と共に生産性が向上する労働環境を考えていきます。労働者の個人の毎日が充実、結果、使用者の企業は長期的な発展へ!

  • 1.障害年金申請サポート
  • 4.メール・FAXでの相談顧問(人事・労務相談)
  • 2.就業規則作成・見直し
  • 3.助成金活用
  • 5.講演・セミナー
  • 6.訪問相談(スポット契約)

社労士 渡邊のコラムWATANABE's COLUMN

中央区 社会保険労務士へのご相談は/人事労務・就業規則

人事労務制度設計・就業規則作成変更・労働問題対応 専門社会保険労務士 相談 社会保険労務士は、国から唯一「人事労務制度設計・就業規則作成変更」の業務を認められた、人事労務の経営コンサルタント。その立場から、企業の利益を生...read more
【2020年2月29日 更新】

東京・横浜・川崎 就業規則作成社労士 相談/時間外労働規制11

人事労務制度設計・就業規則作成変更・労働問題対応 専門社会保険労務士 相談 ◆36協定の新しい様式/時間外労働の上限規制 36協定届の新しい様式 今回の法改正によって法律に時間外労働の上限が規定されたため、36協定で定め...read more
【2020年2月28日 更新】

東京・横浜・川崎 就業規則作成社労士 相談/時間外労働規制10

人事労務制度設計・就業規則作成変更・労働問題対応 専門社会保険労務士 相談 ◆36協定の時間外・休日労働 留意指針②/時間外労働の上限規制 1か月未満の期間で労働する労働者の時間外労働は、目安時間(※)を超えな いように...read more
【2020年2月27日 更新】
メニュー