社労士 渡邊のコラム

初心と決意

毎日が試行錯誤と失敗の連続。それでも何とかして前に進みたいと、もがき続ける日々。

今月は役所で自身個人の手続き。2年目の国民年金免除申請を行いました。毎月高額な金額で預金残高が減り続けているという現実。生活のためには出費を抑えなければなりません。一体いつになったら事業は軌道に乗るのだろう。私の社労士業は黒字になるのだろうか。

心や身体に長期間の障害を持ち、本当に苦しんでいる方が日本にはいます。国から認められた公的年金の専門家 社労士として、障害を持つ方へ障害年金代理人で応えたい。その初心を忘れず、まっすぐ誠実に。改めて私の決意です。