社労士 渡邊のコラム

東京・横浜・川崎 社労士 障害年金訪問相談/障害年金の額 等級別

東京・横浜・川崎 他、全国対応の障害年金申請代行 専門社会保険労務士 相談

◆障害年金額・障害手当金額の計算方法

障害年金の額の計算方法は、障害の状態(等級)により異なります。例えば、障害年金の1級は、2級の1.25倍となっています。

障害の程度 年金・手当金の金額(令和元年度)
障害厚生年金・障害手当金 障害基礎年金
1 報酬比例の年金額 ×1.25

+ (配偶者の加給年金額)

975,125円

+ (子の加算額)

2 報酬比例の年金額

+ (配偶者の加給年金額)

780,100円

+ (子の加算額)

3 報酬比例の年金額

585,100円に満たないときは、585,100円

障害手当金

(一時金)

(報酬比例の年金額) ×2

1,170,200円に満たないときは、1,170,200円

 

障害年金申請代行のご依頼初回問合せとなる、お問合せフォームからのWEB相談(全国対応)は無料です。障害年金のお悩みは社会保険労務士Office渡邊の「東京横浜 障害年金申請WEB相談室」まで、お気軽にご相談・お問合せください。

東京横浜 障害年金申請WEB相談室

メニュー