社労士 渡邊のコラム

東京横浜 社会保険労務士 就業規則作成相談/年5日の有給休暇13

人事労務制度構築・就業規則作成変更・助成金申請・相談顧問契約 社労士相談

◆年休を全部または一部前倒しで付与③/年5日の有給休暇確実取い

ケース3 

10日のうち一部を法定の基準日より前倒しで付与した場合 

10日のうち一部を法定の基準日より前倒しで付与した場合には、付与日数の合計が10日に達した日から1年以内に5日の年次有給休暇を取得させなければなりません。 なお、付与日数の合計が10日に達した日以前に、一部前倒しで付与した年次有給休暇について労働者が自ら請求・取得していた場合には、その取得した日数分を5日から控除する必要があります。

入社(2019/4/1)と同時に5日の年次有給休暇を付与し、2019/7/1に更に5日の年次有給 休暇を付与した場合 
付与された年次有給休暇が合計で10日に達した2019/7/1を基準日として、その日から1年以内に年次有給休暇を5日取得させることが必要となります。 ただし、入社時に一部前倒しで付与された年次有給休暇を基準日以前(2019/4/1〜2019/6/30) に労働者が自ら請求・取得していた場合(計画年休も含む)には、その日数分を5日から控除する必要があります。

相談顧問契約、人事労務制度構築・就業規則作成変更・助成金申請のご依頼初回問合せとなる、お問合せフォームからのWEB相談(全国対応)は無料です。人事労務のお悩みは、社会保険労務士Office渡邊の「東東京横浜 助成金・就業規則HRコンサルティング」まで、お気軽にご相談・お問合せください。