社労士 渡邊のコラム

働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)とは(令和3年度)/東京横浜 助成金・就業規則HRコンサルティング

人事労務制度構築・就業規則作成変更・助成金申請・相談顧問契約 社労士相談

◆働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)とは(令和3年度)

働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)は、働き方改革の推進に向けて中小企業事業主が健康及び福祉を確保するために必要な終業から始業までの時間の設定に向けた勤務間インターバルを導入し、その定着を促進させるため研修・周知・啓発と労働時間管理の適正化に資する機械・器具の導入等を実施し、生産性の向上を図り労働時間等の設定改善の成果を上げた事業主に重点的に助成金を支給することにより、中小企業における労働時間等の設定改善の推進を図ることを目的としています。

相談顧問契約、人事労務制度構築・就業規則作成変更・助成金申請のご依頼初回問合せとなる、お問合せフォームからのWEB相談(全国対応)は無料です。人事労務のお悩みは、社会保険労務士Office渡邊の「東京横浜 助成金・就業規則HRコンサルティング」まで、お気軽にご相談・お問合せください。