社労士 渡邊のコラム

人材確保等支援助成金とは(令和2年)/東京横浜 人事労務・就業規則HRコンサルティング

人事労務制度設計・就業規則作成変更・労働問題対応 人事労務専門社労士 相談

◆人材確保等支援助成金とは(令和2年)

人材不足の解消のためには、事業主等による雇用管理改善等の取組みを通じて「魅力ある職場」を創出し、現在就業している従業員の職場定着等を高めることが必要です。 本助成金は、事業主等の雇用管理改善、生産性向上等の取組みによる助成を通じて、従業員の職場定着の促進等を図ることを目的としています。 

「①雇用管理制度(評価・処遇制度、研修制度、健康づくり制度、メンター制度、短時間正社員制度(保育事業主のみ))の導入等による雇用管理改善」「②介護事業主が介護福祉機器の導入等」「③介護事業主または保育事業主が労働者の職場への定着の促進に資する賃金制度の整備」等による離職率の低下への取組みが、助成対象となります。

人事労務制度設計・就業規則作成変更・労働問題対応等のご依頼初回問合せとなる、お問合せフォームからのWEB相談(全国対応)は無料です。人事労務のお悩みは、社会保険労務士Office渡邊の「東京横浜 人事労務・就業規則HRコンサルティング」まで、お気軽にご相談・お問合せください。

東京横浜 人事労務・就業規則HRコンサルティング

メニュー