社労士 渡邊のコラム

神奈川社労士会 横浜北支部幹事に役員就任いたしました

神奈川県の全社労士会員が所属する神奈川社労士会。私はその横浜北支部 幹事に推薦され、4月総会後 正式に役員就任いたしました。


私で務まるのだろうかという不安はあります。幹事になりたいのに なれない社労士もいらっしゃいます。そのような状況からいただいた、神奈川社労士会 役職者の方々からの幹事推薦の数々。その期待を裏切らないこと。それが3年間 私を育ててくれた横浜北支部への恩返しになるものと今は考えています。

3年連続受験して、2016年に合格率4%の国家資格 社労士試験合格。合格翌月から社労士500名所属の横浜北支部に会員登録。始めの2年は会社員を継続、実質 士業の研修期間。昨年夏に会社を退職。秋から念願の障害年金 社労士を始動。
振り返ってみても、ただただ細く継続して活動しているだけ。まだ何の実績もありません。しかし神奈川社労士会 役職者の方々は、3年間の私の地道な姿勢を見ていてくださいました。

どんなときでも諦めずに活動を続けていく。その姿勢は 必ず誰かが見ているものだから。そう信じて これからも人との繋がりを大切にして、士業の道を歩みたいと思っています。