社労士 渡邊のコラム

両立支援の進め方②/治療と職業生活の両立支援ガイドライン

人事労務制度設計・就業規則作成変更・助成金申請・相談顧問契約 社労士相談

(1)両立支援の検討に必要な情報

労働者からの申出に基づき、事業者が治療と職業生活の両立支援を検討するに当たって、参考となる情報は以下のとおり。

ア 症状、治療の状況

・現在の症状

・入院や通院治療の必要性とその期間

・治療の内容、スケジュール

・通勤や業務遂行に影響を及ぼしうる症状や副作用の有無とその内容

イ 退院後又は通院治療中の就業継続の可否に関する意見

ウ 望ましい就業上の措置に関する意見(避けるべき作業、時間外労働の可否、出張の可否等)

エ その他配慮が必要な事項に関する意見(通院時間の確保や休憩場所の確保等)

相談顧問契約、人事労務制度設計・就業規則作成変更・助成金申請のご依頼初回問合せとなる、お問合せフォームからのWEB相談(全国対応)は無料です。人事労務のお悩みは、社会保険労務士Office渡邊の「東京横浜 助成金・就業規則HRコンサルティング」まで、お気軽にご相談・お問合せください。