社労士 渡邊のコラム

平成29年度社会保険労務士試験結果(合格率・合格者数)

11/10(金)、厚生労働省から今年度の社会保険労務士試験合格者発表がありました。合格者の皆さん、おめでとうございます。社労士になると、これまでは知り合うことが無かったような様々な方々と知り合う機会が多くなり、劇的に視野が広がります。ぜひ、これからは自身の得意分野を見つけて、充実した毎日の開業社労士を目指してください。

 

それにしても、今年度の結果には大変驚きました。合格率6.8%、合格者数2,613人。なんで? です。過去2年の結果は、平成27年(合格率2.6%、合格者数1,051人)、平成28年(合格率4.4%、合格者数1,770人)。今後は、合格率5%未満、合格者数1,000人台の低合格率で推移するものと思われたのに! 昨年度の社労士試験合格者の私から見ると、そう思ってしまいます。

 

今年度の合格者数の増加には、このような理由もあるのではないでしょうか。70歳台団塊世代の社労士廃業が多くなることを見越しての、社労士総人数低下防止です。人数低下は、そのまま都道府県社労士会の会員年会費収入減少につながりますから。今後の人数バランスを考えての合格結果だったのしょう。

 

最後に、今年度の社労士合格者の皆さん、一緒に20年後・30年後の社労士の世界を創っていきましょう!